タニマチが必要になるなんて想像してもいなかったのです。
離婚後は、お水の仕事をするようになりました。
いつしか、雇われママとして、スナックでのお仕事も定着していくことになりました。
景気が悪いけれど、それなりにお客さんもやって来るし、なんとか生活が出来ていました。
ところが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の登場により、それまでの生活が180度変わっていくことになりました。

 

 新型コロナ登場と共に、お客さんの数が次第に少なくなっていき、夜のお仕事がピンチになっていきます。
政府から緊急事態宣言も出され、国民は自粛しなければなりませんでした。
お店と言えば、当然臨時休業です。
上からの命令で、従わなければなりません。
私をはじめ、働いている皆んなは、路頭に迷うことになりました。
私自身もでした。

 

 タニマチとの出会い、これしか考えられなくなってしまっていたんです。
ネット検索で、お金助けて掲示板を発見します。
お金をくれる相手探しが出来る無料掲示板でした。
不景気にプラスして、新型コロナがやってきて、掲示板の利用者も多くいました。
タニマチが探せる場所だと、直ぐ判断しました。
金銭支援出来る人の投稿まであります。
こちらを使うことで、しばらくはサポートを受けられるかもと考え利用してみました。

 

 タニマチ探しの投稿をすることで、多数のメールが到着するようになります。
これほど多くのメールが届くのです。
複数のタニマチから、完全無償の多額の支援を得られると喜びを感じました。
安心感を胸に、メール開封をしていくことになりました。

 

 メールを開封するたび、頭の中がパニックでした。
その多くは、消費者金融のリンクが貼られているものです。
明らかに闇金と思われるメールもあります。
また、顔出しの裸の動画要求なんて言うのもありました。
さらに、保証金先払いによる入金が可能であると書かれているメールまで。
かなり、怪しいと感じるメールが大量に到着していました。

 

 タニマチは、どうしても必要でしたから掲示板の投稿を繰り返しました。
ですが、支援してくれるようなメールは一つもないのです。
危険そうな香りのするメールばかりが届けられてきました。

 

 職場の同僚から、魅力的な話を聞かされることになりました。
それが、パパ活アプリです。
支援男性探しが可能であり、彼女も出会いを探せたと言うのです。
強烈な興味を持つのに十分すぎるほどでした。

 

 私が利用したようなお金助けて掲示板は、危険地帯だと言うことも教わりました。
匿名性が高い世界、また完全無料で利用出来る場所です。
詐欺行為ばかりが多発し、本当にお金があるような人は利用しないようでした。
利用をつづけていくことで、詐欺の被害に遭うのは確実だと言われました。

 

 金銭的なサポートしてくれる相手との出会い方、それはJメールとPCMAXとワクワクメールの利用以外考えられなかったようです。
安全性に守られている場所。
悪質な利用者は退会処分にさせられるそうです。
真面目に出会いの場所を提供しているようなアプリの中なら、金銭サポートが受けられると同僚に教えられたのです。

 

 JメールとPCMAXとワクワクメールで、タニマチは確実に見つかることも教えられていきます。
コロナ禍では、実際に待ち合わせをする必要がないようです。
オンライン上の関係だけで、彼女は多くの収入を受け生活をつづけられていると教えてくれました。
オンライン飲み会を楽しみたい男性たちが多くなっている状態。
出会う可能性は高いと教えられ、心が震えてしまいました。

 

 教えられたパパ活アプリの利用で、金銭サポートの出会いをみつけられるようになりました。
優しくて太っ腹な男性と出会える場所、アプリの中で複数の男性と健全な交流で大きな収入を得られるようになりました。

 

 コロナが落ち着けば、リアルな食事デートにも誘ってもらい、こちらでも収入を得られるようになっていきます。
魅力的な男性たちとの出会いに、以前以上の活力のある生活を手に入れられた感じです。

 

 第三波到来で時短営業や自粛営業という中でも、タニマチとの交流で収入をなくすことはありませんでした。
現在も第四波も近いと噂されています。
それでも恐れることは全くありません。
アプリの中で活動することで、収入が確実に得られることが判明しているのです。

 

 

名前:真希穂
性別:女性
年齢:42歳
 雇われママをしている新見真希穂と言います。
それまでは、それなりに順調と言える生活をしていました。
新型コロナの登場により、事情が著しく悪い方向へ変化していきました。
客足が少なくなっていき、緊急事態宣言で臨時休業。
雇われの立場としては、収入を失うことになりました。
不景気ですから、多くの貯蓄を持っているわけではありません。
困窮することになりました。
コロナ禍では仕事を探すことも難しく、ネットで金銭的サポートを受けなければと思うようになりました。

ページの先頭へ戻る