パパ活アプリのJメール、PCMAX、ワクワクメールの利用を開始しました。
40代のパパ活です。
パパ活というものは、年齢に左右されないという話は聞いたことがありました。
それは本当のことでした。
42歳、ホステスのママをやっている私に、ワクワクメールで連絡が到着しました。
オンライン飲みを希望する男性でした。
倉さんは、お金くださいと言わなくても、事情がよく飲み込めていたのだと思います。
もしかしたら、今までパパ活経験もあるのでは?
そんな印象でした。
お酒を楽しませてあげ、私がピンチなことも理解をしてくれた男性です。
そして、3万円という大きな金額を支払ってくれました。
オンラインの飲み会で、こんな大きな金額が手に出来るなんて、強い喜びを感じてしまいました。
アプリで活動することで、タニマチは探せることが理解出来、さらに活動を強めていきました。

 

 PCMAXでも連絡が来ました。
草川さんは50代後半の男性でした。
オンライン上とは言え、やることは仕事と同様です。
男性の気分を良くしていく。
相手の話を盛り上げていく。
自粛で仕事が無くなった話もしていきました。
草川さんも、私に同情する気持ちを持ってくれたようでした。
その日、お金をくださいとは言わなくても銀行振り込みで驚異的な4万円の支払いをしてくれたのです。
ただ驚くばかりです。
「定期で付き合える?」
継続した関係も求めてくれました。
ますます生活が安定させられます。

 

 安全なアプリですから、気兼ねなく募集を継続出来ました。
継続することは力にもなります。
ハッピーメールの中でも、連絡がやってきたのでした。
50代前半の三堀さんと、オンラインでの交流が始まりました。
仕事と同じことでしたから、男性とお酒を飲むのは苦痛ではありません。
慣れたことなのです。
だからプレッシャーも何もありませんでした。
普段通りのルーティーンで、今回も2万円という支払いが発生をしました。

おすすめ定番アプリ登録無料

無償でお金を助けてくれる人を探すなら!

ページの先頭へ戻る